スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米澤 穂信 氷菓 (角川文庫)

第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞
“私は謎が解かれた瞬間に,登場人物の未来に光が差してくるような物語を書きたい”

米澤穂信さん古典部シリーズ第一作目
「些細な日常の謎」をテーマにしたミステリー読みたいけど殺人事件みたいなのが苦手な方にはオススメな一冊です


氷菓 (角川文庫)

新品価格 ¥494から
(2014/11/1 18:00時点)



出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2001/10/31)
ISBN-10: 4044271011
ISBN-13: 978-4044271015
発売日: 2001/10/31

内容紹介
いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!

「青春は、優しいだけじゃない。痛い、だけでもない。ほろ苦い青春群像劇。」
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

Author:books0083
おすすめ小説まとめのトピックです。
紹介したいと思う本を著者別に分類しています

PR

PR
カテゴリ
PR
グルメ
最新記事
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。