安生 正 (著) 生存者ゼロ

第11回『このミステリーがすごい!』大賞受賞
パンデミックか!バイオテロか!
未知の恐怖が日本に襲いかかる

退屈なところがどこにもない小説
後味ちょっと悪い終わり方なので,そのようなのが苦手な方は少し引っ掛かりを覚えるかもしれません


生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新品価格 ¥810から
(2014/11/1 15:14時点)



出版社: 宝島社 (2014/2/6)
ISBN-10: 4800222915
ISBN-13: 978-4800222916
発売日: 2014/2/6

内容紹介
北海道根室半島沖に浮かぶ石油掘削基地で職員全員が無残な死体となって発見された。陸上自衛官三等陸佐の廻田と感染症学者の富樫らは、政府から被害拡大を阻止するよう命じられる。しかし、ある法則を見出したときには、すでに北海道本島で同じ惨劇が起きていた―。未曾有の危機に立ち向かう!壮大なスケールで未知の恐怖との闘いを描く第11回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。

政治家たちの責任逃れの発言,遅い対応
無能な政府首脳の政治家たちの茶番劇は東日本大震災の原発の対応への喚起ともなっているではないでしょうか
スポンサーサイト

テーマ : ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

books0083

Author:books0083
おすすめ小説まとめのトピックです。
紹介したいと思う本を著者別に分類しています

PR

PR
カテゴリ
PR
グルメ
最新記事
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
グルメ