スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重松 清 (著)  流星ワゴン (講談社文庫)

「なぜもっと早くこの本を読まないのか」

人生は後悔の連続である。と同時に捨てたものでもない。
人生をやり直すことはできるのかを説いた
直木賞受賞後初の長篇作


流星ワゴン (講談社文庫)

新品価格 ¥788から
(2014/11/2 10:24時点)



出版社: 講談社 (2005/2/15)
ISBN-10: 406274998X
ISBN-13: 978-4062749985
発売日: 2005/2/15

内容紹介
死んじゃってもいいかなあ、もう…。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして―自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか―?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

「僕たちはここから始めるしかない」
現実をしっかりと認識し生きていこうとする。
スポンサーサイト

テーマ : 現代小説(ヒューマンドラマ)
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

books0083

Author:books0083
おすすめ小説まとめのトピックです。
紹介したいと思う本を著者別に分類しています

PR

PR
カテゴリ
PR
グルメ
最新記事
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。