スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米澤 穂信 (著) ボトルネック (新潮文庫)

青春は「過ぎ去って初めて分かることがある」という大人の視点で物語を進めるもの。
青春は「渦中にいなければ感じ得ないこともある」という、同じ目線で若さを描くもの。
青春というのは、決して爽やかで甘いだけのものではなく、当事者にとっては辛いことの方が多いもの。

米澤穂信が描く青春小説の集大成!
若さ特有の「痛々しいオーラ」が横溢する、紛れもなく「現在進行形」の青春小説!!

ボトルネック (新潮文庫)

新品価格 ¥562から
(2015/8/2 13:54時点)



出版社: 新潮社 (2009/9/29)
ISBN-10: 4101287813
ISBN-13: 978-4101287812
発売日: 2009/9/29

■内容紹介
亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した……はずだった。
ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。
もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。
世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。
スポンサーサイト

テーマ : 現代小説(ヒューマンドラマ)
ジャンル : 本・雑誌

PR

プロフィール

books0083

Author:books0083
おすすめ小説まとめのトピックです。
紹介したいと思う本を著者別に分類しています

PR

PR
カテゴリ
PR
グルメ
最新記事
検索フォーム
PR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。